So-net無料ブログ作成
検索選択

【風】世界相手に闘志見せて(産経新聞)

 1勝もできずに1次リーグ敗退が決まり、悔しさだけがつのった前回ドイツ大会から4年。日本代表はいよいよ今夜、カメルーンとの初戦を迎える。

 だが、指揮官がベスト4という高い目標を掲げるのとは裏腹に、これまで当欄に寄せられた意見では「過度の期待は禁物」といった控えめな言葉が目立つ。

 《世界の強豪が集うW杯で、私が望むのは1勝です》とつづったのは、日本代表を応援し続けてきたという大阪府の主婦(33)。4強という目標については《選手に対するゲキだと考えた方がいい。日本はプロリーグ発足から20年もたっていないサッカー後進国。もっと日本の実力を冷静にみるべきだ》と唱える。

 確かに、今回1次リーグで対戦するオランダデンマークの欧州勢に比べ、国内プロリーグの歴史は浅い。カメルーンはそれほど国内リーグが盛んではないが、代表メンバー23人中22人がレベルの高い欧州リーグでプレーしている。

 W杯での成績も、日本は自国開催だった2002年を除けば1勝もしていない。英国のブックメーカーがつけた優勝国予想の最新オッズは、出場32カ国の下から5番目となる約400倍。世界の評価は低い。

 《メッシは「母国のため、家族のため、チームのために戦う」と意気込んでいた。こういう闘志を日本選手に全試合で見せてほしい。それができれば、全敗でも恥じることはない》。会社員の男性(24)は、アルゼンチンのスーパースターの言葉を引き合いに出し、日本選手へげきを飛ばす。

 総じて読者の意見は、お世辞にも調子がいいとはいえない日本代表について、冷めた見方が目立つ。それでも、大阪府高槻市の男性(48)が《日本サッカーの魅力は、なんといってもワンタッチの素早いパス回しに代表されるスピード。これがシュートまでつながれば、かなりいいところまでいくのでは》と記したように、期待を寄せる声もある。

 日本代表に対するさまざまな思いはあるにせよ、本番の大事な初戦。まずは一丸となって、ファンが期待する1勝を手にするよう応援しようじゃありませんか。(一)

知人女性あてメールを自分に転送、盗み見容疑(読売新聞)
はやぶさ 世界初の旅終え帰還…カプセル着地を確認(毎日新聞)
学校うざいなら、ぶち壊せ…娘教唆容疑で母逮捕(読売新聞)
警視庁警部補を逮捕=17歳少女にわいせつ行為(時事通信)
村井・長野県知事の心変わりでリニア新幹線Bルートの夢潰える?(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。