So-net無料ブログ作成
検索選択

患者・家族への支援活動を顕彰−脳卒中協会が「サノフィ・アベンティス賞」(医療介護CBニュース)

 日本脳卒中協会とサノフィ・アベンティス社は4月20日までに、脳卒中の患者やその家族に対する支援活動に貢献した個人や団体を顕彰する「サノフィ・アベンティス賞」を創設した。

 脳卒中では、治療やその後のリハビリテーションなどに長い時間がかかる場合が多く、患者やその家族の支援が急務とされている。こうした状況を踏まえ同協会は、脳卒中患者やその家族への教育や訓練、社会参加への支援活動に貢献した個人や団体を顕彰するサノフィ・アベンティス賞を創設することを決定。会員に対し、賞に該当する個人や団体の推薦を呼び掛けている。

 受賞者の選定は、毎年1回行われる。第1回の受賞者は5月29日、日本脳卒中協会総会・脳卒中市民シンポジウムで発表される。


【関連記事】
脳卒中地域連携パス、標準化へ―東京都
「総合リハビリ料」新設で関連5団体が要望書
脳卒中対策の立法化に向けて協議会を設立
「脳卒中対策基本法」議員立法で制定目指す
「脳卒中政策サミット」を開催―対策基本法の実現目指す

<将棋>羽生が2連勝 名人戦第2局(毎日新聞)
交際相手による児童虐待死 明かせぬ母親たちの心理(産経新聞)
名古屋市議会 恒久減税など再提案 可決可能性低く(毎日新聞)
マンション代金、全額返還命じる=耐震偽装で販売会社に−札幌地裁(時事通信)
<文科省>天窓の安全管理の徹底求める通達 鹿児島の事故で(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。