So-net無料ブログ作成

海外向けに民放作品放送=NHKワールドTV(時事通信)

 NHKワールドTVは5日、より多様な形で日本の放送文化を海外に向けて発信するため、民間放送連盟と協力して、民放各社制作の優れたドキュメンタリーを英語化し3月から放送する、と発表した。衛星放送では同様の取り組みをしているが、国際放送としては初めて。
 放送されるのは、静岡放送が制作し、第29回「地方の時代」映像祭グランプリを受賞した「SBSスペシャル 日本兵サカイタイゾーの真実〜写真の裏に残した言葉〜」と、北海道放送が制作し、第5回日本放送文化大賞グランプリを受賞した「赤ひげよ、さらば。〜地域医療“再生“と“崩壊”の現場から〜」。NHKでは今後、年間に4、5本を放送していく方針。 

<行方不明>3人乗り漁船が操業中に消息絶つ 北海道・白糠(毎日新聞)
【イチから分かる】内閣法制局長官 鳩山政権で役割変質か(産経新聞)
橋下知事に直言(上)「政治手法は『いじめ型』」 神戸女学院大教授、内田樹さん(産経新聞)
火災 給食室の一部焦がす 大阪・住之江の小学校(毎日新聞)
センター試験の受験者は52万600人(産経新聞)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。